【12月13日】不正行為を行ったユーザーのパズドラアカウント停止を実施!


不正、乗っ取り、書類送検、事件
 
不正行為を行ったユーザーのアカウントを停止処分したという。

- Sponsored Link -

 
 

公式情報

 
 
いつもパズル&ドラゴンズをお楽しみいただきまして、ありがとうございます。
 
この度、一部のユーザー様において、外部プログラムなどを利用し、データの改ざんや不正なゲーム操作をおこない、ゲームを有利に進行する行為を確認したため、該当のIDに対し以下の措置を適用いたしました。
 
▼措置実施日
2016年12月13日(火)
 
▼措置内容
該当IDのアカウント停止・凍結
※措置が適用された場合、該当ゲームデータからプレイすることができなくなります。
 
パズル&ドラゴンズでは、不正な行為や、不具合の悪用などを禁止しており、禁止行為をおこなったIDへは、定期的にアカウント停止等の措置をおこなっております。
 
■禁止行為については、こちらをご覧ください。
 
本人が直接不正行為をおこなっていない場合でも、運営チームが「不正な行為」と同等の行為と判断した場合には、ゲーム内の措置の対象となります。
 
一例として、不正行為をおこなっているユーザーと作為的に協力プレイを繰り返しおこない、不正に報酬などを獲得した場合にも、「不正な行為」と同等の行為と判断する場合があります。
 
また、このような「不正な行為」は、過去の事例にもあるように、ゲーム内の措置にとどまらず、現実の世界においても法的処罰の対象となる可能性がありますので、絶対におこなわないでください。
 
このように「不正な行為(禁止行為)」や不正が「疑われるような」行為、および「何らかの不具合」を不正に利用している内容を確認された場合には、決して関与せず、速やかにヘルプページよりご報告いただきますようお願いいたします。

公式サイトより)