これからはパズドラの通信回数が増えてプレイしづらくなるかもしれない話


これからはパズドラの通信回数が増えてプレイしづらくなるかもしれない話

数日前、YouTubeに『RTW(リターン・ザ・ワールド)』なる裏技が貼られ、それに対してパズドラ公式が不正プレイだと断定するひと悶着がありました。

今回は、この『RTW』のせいでパズドラがプレイしづらくなるかもしれないという話。

- Sponsored Link -

 

RTWって何?

 
①ドロップ変換やチェンジ・ザ・ワールドなどで大コンボを作る。

②任意のタイミングでアプリを終了する(試されてはマズイので濁してます)

③パズドラを起動する

④すると、敵にダメージを与えた状態で、かつドロップ盤面はチェンジ・ザ・ワールドで作り出した大コンボ画面になっている。

つまり、大コンボを一度作り出せば、それをループして利用できるというもの。

※現在、改善されているかは知りませんが、絶対に試さないで下さい。
不正プレイはゲームデータ削除対象です。

 

パズドラと通信について

 
パズドラはダンジョン開始時とダンジョンクリア時に通信を行っていて、戦闘中には通信を行っていない(もしくは少ない)ようです。

戦闘中は通信を行わないので、電波がまったくない状況でも敵に攻撃できますし次の階に進むことがができます。

これはユーザー側のメリットの方が大きいのです。

にも関わらず、パズドラスタートから1年間ずっとユーザーのメリットの方を取って運営してきました。
 

RTWは通信がないからできるチート

 
RTWは戦闘中に通信がないから可能な技です。

では、パズドラがRTW対策をしようと乗り出したら?

戦闘中も通信を行うようになるかもしれません。

すると、電波がなかったり電波が弱い所ではいつまでたっても次の階に進むことができません。

3G回線でプレイするユーザーの嘆きとイライラが聞こえてくるようです。
 

不正も拡散もダメ

 
不正プレイをするユーザーはそのゲームが嫌いだからする訳ではなく、好きだからそこまでしてしまうのでしょう。

好きが高じて不正に手を出しゲームから追い出される、なんて皮肉。

不正なプレイはするべきじゃないし拡散するべきじゃないのです。
 

注意

 
上で『戦闘中も通信を行うようになるかもしれない』と書きましたが、素人の予想です。

実際は違う対策がありうることをご了承下さい。