「不具合の誘発」に関与した人をBANしたと公式が発表


「不具合の誘発」に関与した人をBANしたと公式が発表

パズドラ公式によると、「不具合の誘発に関わった人」と「それを広めた人」のパズドラアカウントを初期化したという。

- Sponsored Link -

 

公式情報

 
一部のユーザー様において、ゲーム内のメールを使用して、 意図的に「不具合を誘発させること」、およびその情報を広める行為を確認いたしましたため、該当ユーザーに対し以下の措置を適用させていただきました。

▼措置実施日
2013年5月30日(木)

▼措置内容
該当ユーザーのアカウント停止
※措置が適用された場合、アカウント停止のメッセージが表示され、ゲームデータが初期化されます。

運営チームから既にご案内させていただきましたとおり、意図的に「不具合を誘発させること」を目的とする行為は、多くの皆様にご迷惑をおかけする可能性があるだけではなく、パズドラの提供を妨害する行為として、法に抵触する可能性がございます。

今後も同様の行為が繰り返しおこなわれた場合は、ゲーム内の措置のみではなく、法的措置(警察への相談)も検討いたしますので、このような行為に加担することは【絶対におやめください!】

ユーザーの皆様のご協力をお願いいたします。

メンテナンス情報

 

不具合の誘発って何?

 
不具合の誘発をスゴーく簡単に言い換えれば、『わざとバグを引き起こす』という事です。

公式では具体的には明言されていませんが、4月末に出回った「みんなでサーバー落とそう」のメールの件のことでしょう。

 
公式情報に法的措置を講じると書いてありますが決して大げさではなく、『電子計算機損壊等業務妨害罪』という立派な犯罪なので絶対に関与しないようにね!

 
◆関連記事
【ズルしても詫び石なし】不具合の誘発は法的措置の対象になるので注意
「サーバー落として詫び石もらおう!」パズドラへのDoS攻撃は罪になるのか