ギャンブル性のあるガチャを黙認しているとAppleに集団訴訟 米国


ガチャ 課金 ソシャゲ 爆死
 
アメリカでAppleに対しガチャを問題視した集団訴訟が発生した。

- スポンサードリンク -

 
 

livedoor情報

 
 
Appleが自分たちの利益のためにギャンブル性のある課金アプリを放置しているとし、同社を相手取った集団訴訟が米国で発生しました。
 
今回の集団訴訟で問題視されているのは、アプリ内に設けられたルートボックス(Loot Box)と呼ばれる仕組みです。これは課金を通してアイテムをランダムに入手できる、日本語でいうところの“ガチャ”に相当します。射幸心を煽るだけでなく、中毒性が高いこのシステムは厳格な規制がないため、何年も前から国内外で危険性が大きく取り沙汰されてきました。

livedoorニュースより)

 
 
いかにもアメリカらしいニュースです。
 
 
もともとiOSの機能には、保護者によるアプリ利用を制限する「ペアレンタルコントロール」があり、ティム・クックCEOもこの機能を充実していく方針を明らかにしています。
 
一人あたりのアプリ支出額では日本が世界一なので、日本の方が無視できない問題ではあります。
 
 
課金はほどほどに(ᵔᴥᵔ)